外部対策とは

サイトマップ

外部対策とは

外部対策とは、外部のサイトから対象のサイトへのリンクを集めることを指します。これを被リンクといい、Googleのクローラーは被リンクが多いページをユーザーに有益であると高く評価します。
ここでは誰でもすぐにできる外部対策を紹介します!

まとめサイトやSNS、ポータルサイトを活用する

まとめサイトを利用した外部対策
ホームページに関連のあるテーマでまとめ記事を作成し、ホームページへのリンクを貼ります。
ポータルサイトへ登録する
ポータルサイトには人が集まりやすいので、関連するテーマのポータルがあれば被リンク以外のメリットも期待できるため積極的に登録していきましょう。 SNSを活用する
バズを狙ったコンテンツとリンクをセットで発信し、不特定多数のユーザーに拡散してもらう

サテライトサイトを作ってリンクする

上位化したいサイトの関連テーマで別途新しいサイトを作成しリンクを張ります。ただし、被リンクだけを目的にサイトを作ることはGoogleの定めるガイドラインに反するので、しっかり作り込まれた実用的なサイトである必要があります。

SEO会社へ依頼する

個人や担当者のみの力では被リンクを集めるには手間と時間がかかります。少しでも早く上位化を目指すのであれば、SEO会社へ相談するのも一つの方法です。しっかりしたSEO会社なら、質の高い、サイトのテーマに合わせた被リンクを貼ってくれます。外部リンク=ペナルティのリスクが高いとする記事がネット上にあふれてますが、不安なのであれば万一のペナルティに備え、依頼を検討しているSEO会社に予め追加料金不要でリンク否認や外部リンクの取り外しを行ってくれるか確認しましょう。

プラスαのメリットも見込める外部対策

近頃は外部対策よりも内部対策のほうが大事だという情報もありますが、Googleクローラーは被リンクをページの価値をはかる要素の一つとして重要視しているため、どちらも同じくらい大切な施策になります。外部対策はマーケティング効果も期待できますので、ガイドラインに抵触しない程度に実践していきたいものですね。