内部対策とは

サイトマップ

内部対策とは

内部対策とは、サイト内部の構造や設定に対して行う施策を言います。サイトのボリュームが大きいと、かなり時間がかかってしまうので、サイトの制作時点から意識していきたいものです。

タグを正しく設定する

正しいタグの設定はクローラーへより正確に情報を伝えます。HTML文法エラーが多発していても、人間がブラウザで見る分には問題ないパターンが圧倒的に多いものですが、hタグの順番やそこに記載する情報はクローラーにとって意外と重要な情報として扱われます。タグの意味を理解して正しい情報を記載しましょう。

ページの内容を見直す

SEO対策において、もっとも重要なものはコンテンツの質だと言われています。コンテンツの質といっても明確な基準はありませんが、大前提としてユーザーにとって有益であるかどうかがポイントになります。他のサイトと同じような情報より、より最新で、情報量が多いページが評価が高くなります。

Google Search Consoleを活用しよう

GoogleGoogle Search Consoleの利用でインデックスを促進することが可能です!まずはsitemap.xmlやFetch as googleからサイト内のインデックスして欲しいページ全てのURLを送信しましょう。また、Google Search Consoleにはサイト内部のリンク切れを通知してくれる機能をはじめ、内部施策に役立つツールがいくつもあるので、積極的に利用していきましょう。

対応が難しい場合は代行サービスの検討を!

内部施策はサイトの内部にかかわる部分が大半なので、HTMLの知識がないとなかなか手を出しづらいかもしれません。社内にHTMLスキルを持った人がいないので内部対策が出来ない……なんて場合は内部対策を代行してくれるSEO対策会社に相談することをお勧めします。メニューになくても、問い合わせてみるとオプションで行ってくれる会社もありますよ!